裏側歯列矯正

東京ビアンコ歯科 / 矯正歯科 渋谷

裏側矯正とは?

上下ともに歯の裏側にワイヤーやブラケットなどの矯正装置を付ける矯正治療です。

裏側矯正のメリット

見えない

裏側矯正では歯の裏側に矯正装置を付けるため他人から見えません。

虫歯になりにくい

意外と知られていませんが、実は裏側矯正の方が虫歯にはなりにくいのです。歯の裏側は唾液の流れがよく、虫歯の原因となるプラーク(歯垢)を流すからです。

裏側矯正のデメリット

不快感

 下の歯の裏側矯正では常に舌が矯正装置に触れます。そのため違和感が強く、話しづらいというデメリットがございます。

 そのため下は表側矯正のハーフリンガル矯正の方がおすすめです。裏側矯正よりも快適なだけでなく、費用も安いというメリットがございます。

ハーフリンガル矯正

2種類の裏側矯正

 東京ビアンコ歯科・矯正歯科の裏側矯正には

 ・低価格なセミオーダー裏側矯正

 ・ハイクオリティなデジタル裏側矯正

の2種類がございます。

 このページではセミオーダー裏側矯正の解説をします。

 デジタル裏側矯正のページは下よりリンクできます。

デジタル裏側矯正

セミオーダー裏側矯正

 ブラケットやワイヤーは既製品を使用するので低価格です。

セミオーダー裏側矯正:料金

非抜歯     880,000円(税込)

小臼歯抜歯 1,100,000円(税込)

検査料・通院管理費・リテーナー込み

セミオーダー裏側矯正の特徴

低価格でも正確な理由

 実績が豊富な裏側矯正専門の歯科医師による指示でセットアップ・モデルと呼ばれる矯正治療後のゴールとなる歯列模型がつくられます。

 このセットアップ・モデルに基づきワイヤー・サイズが決定されます。

 また矯正専門の歯科技工士によって、ブラケットは患者様の個々の歯の裏側の形態に合わせてレジンで加工され、個々の歯ごとに専用のトレーで正確な位置に装着されます。

小さく快適

 クリッピーという小さな裏側矯正ブラケットで快適さを追求しています。ワイヤーはクリップの開け閉めで着脱され簡単なため、ワイヤーの交換が早く済み快適です。

歯の動きに優れている

 クリップ式のブラケットは歯の動きがスムーズで痛みも少ないというメリットもございます。

 またワイヤーを確実に装着できるので歯の並びもキレイです。

治療例

Topics:咬み合わせが場合

  咬み合わせが深い患者様では、上の歯の裏側の矯正装置が、下の歯に干渉し脱離しやすくなります。

 そこで奥歯にレジンという材料を盛り咬み合わせを上げる必要がございます。

渋谷院・新宿院の矯正ホームページ